銀行のカードローン借入は消費者金融業者の総裁規制にプラスされる?

総量規制は、消費者金融業での貸金業法における金額制限になります。
したがって銀行には銀行法があるので適応しません。
銀行のローンは数多くあり何千万も借り入れする住宅ローンや新車購入のための自動車ローンなど高額な融資があります。
それらとカードローンも同等の扱いとなるのです。

つまり、銀行でカードローンの借り入れがあっても消費者金融で借り入れる際の総量規制の限度額から除外されるので、新たに年収の1/3の範囲いっぱい借り入れが可能になります。
自動車を銀行ローンで購入することはよくあることですし、銀行の借り入れが限度に達することもあるでしょう。
そんな時は、消費者金融へ契約することができるのでありがたいですね。
留意したいことは、消費者金融のローン審査の際はこの銀行ローンの残債があると問われる場合があります。
延滞なく返済している場合は信頼が持てるようですが、そうでなければ審査のマイナスになるので時間がかかる場合があります。